【商人に元禄なし。稼ぐは一生の務めなり】

経済的自由を掴み取る。

1年以内に、3人で○○円。

3年以内に○○円。

10年以内に○○を切らない様にする。

そう決めて仕事初めて、結果は、当初の目標の10分の1程度。

今はとてつもなく貧乏。

過去32年でぶっちぎり1位の経済的不自由。

なのに、とても充実している。

この貧乏時期は、とても必要な気がする。

そんな、僕は商家に生まれました。

商売の裏表を、家族を通して色々見て来ました。

お金を稼ぐ行為が大っっっっ嫌いで、

親と同じ道に進みたくなくて、あれこれ逃げ回った10年近く。

結果今何してるかって、商売してます。

全部親の言う通りでした。

中途半端、貧乏は悪である。

半端からは、腐敗、破滅しか生まれず、

貧乏は、

大切な人を守れない、

色んな精神的ストレスを拭えない、

行動の制限が狭まる。

貧乏へ向かう行いは、自分で自分の首を絞める行い。

経済を豊かにする事を、第一の使命。

僕は、ばかですのでw2つの事を同時にできません。

1つ1つやっていきます。

事業、投資をされている。

年上の人生の先輩方。

同世代のおしごとがんばっている○○君○○さん

年下の若いイケイケなお兄さんお姉さん。

共にがんばりましょう。

僕達も世界に負けない様に、精一杯精進します。

皆様の3年後が目標達成なり、自己実現、

何より家族が、幸福でありますように。

有難うございました。

世界中の売れずに似た様な事を考え、行っている方々を

心から尊敬する。

※当サイトの活字ブログは、多々晩酌しながらの、書きがあるので、

気にしないで下さい。((+_+))

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Translate »